ヴィッツ-トヨタの車.INFO

トヨタのヴィッツに関してその概要やモデルチェンジの推移、中古車市場や最新値引き動向などの情報を公開中。

ヴィッツ-トヨタの車.INFO

ヴィッツのカスタマイズ

1999年に登場し、「コンパクトカー」というジャンルを作り出したと言っても過言ではないヴィッツ。

小回りも利き、軽自動車よりも優れた走行性を持っているため、売り上げ的にも大ヒットを記録したのがヴィッツですが、ヴィッツにもカスタマイズパーツやアフターパーツがあります。特にヴィッツには「RS」というレースグレードのモデルもあります。

ヴィッツの購買層はファミリー層が多いのですが、「RS」に関しては走行性を楽しみたい人の購入が多いと言われており、「RS」はカスタマイズやアフターパーツを装着して楽しんでいる人も多いのです。

どのようなパーツがあるのか。

まずはドレスアップパッケージ。

こちらはエアロパーツ一式になります。

エアロパーツは装着するだけで雰囲気が大きくことなります。

「スタイリングパッケージ」を装着するだけで、ヴィッツが「コンパクトカー」から「オリジナルカー」に変身してしまいます。

また、外装を変える訳ではないのですが、「ナノイードライブシャワー」の人気もとても高いものになっています。

車の中の雰囲気を大きく変えてくれますので、女性オーナーに人気の装備とも言われています。

また、最近の必需品としてはカーナビゲーションシステムでしょう。

カーナビが一度利用すると手放せなくなってしまうとまで言われているアイテムですが、ヴィッツにも用意されています。

ヴィッツはコンパクトカーではありますが、遠出ももちろん可能です。

特に1.5Lグレードであれば高速道路でも不都合を感じる事はないでしょう。

そのような時に役に立ってくれるのがカーナビなのです。

また、カーナビではないのですが、後席ディスプレイもまた、人気のアクセサリーとなっています。

ヴィッツはファミリーカーとしても活躍してくれます。

ファミリーカーという事は後部座席にお子様が座る事もあるのではないでしょうか。

そのような時に役に立ってくれるのが後席ディスプレイです。

地デジ放送やDVD映像が走行中でも楽しめます。

お子様は長時間座っているとどうしても飽きてしまいます。

そのため、ファミリーカーとしてヴィッツに期待している人は後席ディスプレイは必需品と言えるかもしれません。

また、最近人気のアクセサリーの中に「マルチビューバックガイドモニター」もあります。

これはどのようなものなのかというと、バックモニターですが、車後方を見下ろしている「トップビュー」と水平角度の画像の「ワイドビュー」の組み合わせです。

両方を一つの画面で確認する事が出来ますので、最近では定番のアクセサリとなっているようです。

また、先に少しお話しした「RS」グレード用には「Cパッケージ」というエアロパーツセットが登場しています。

「RS」グレードはレース志向が強い人向けのグレードですので、そのためのエアロパーツもまた、ヴィッツをより「レーシング」な一台にしてくれるのです。

内訳の方を見てみると、フロントスボイラー、リヤバンパースボイラー、サイドマットガードLEDフォグランプが入っていますので、「RS」グレードを一気にレーシング仕様にしてくれるのです。

また、ヴィッツは女性オーナーが多い事でも知られていますので、「Exterioe dress up」というアクセサリーも用意されています。

サイドミラーチャーム、フューエルリッドチャーム、リヤチャーム、ワンポイントバッジが用意されており、それぞれがチャーイングなマークとなっていますので、ヴィッツをコンパクトカーから可愛げのある一台に変化させてくれるのです。

このようにヴィッツには様々なオプションパーツが用意されていますので、自分好みの一台に変化させる事が出来るのです。

ヴィッツと言えばコンパクトカーです。

これは間違いありません。

ヴィッツの登場のおかげでデミオやマーチといった既存のコンパクトカーまでをも刺激し、さらにはフィットの登場を促す事になるなど、コンパクトカー市場に大きな「うねり」を与えた一台ですが、ポテンシャルはコンパクトカーレベルではないという事です。

アクセサリーやオプションパーツを装備する事でコンパクトカーからジュエリー車に変化させる事も出来ますし、レーシング仕様に変更する事も出きれば、ファミリカーとしての特性を伸ばす事も出来ます。

このような車はめったにないでしょう。

それでいて車体価格の方も抑えめですし、燃費も良いですから、ヴィッツが好調な売り上げを記録しているのも頷ける話しなのではないでしょうか。

また、ヴィッツは現行車種ですのでこれから先も様々なパーツが登場する事でしょう。

三代目のヴィッツが登場してまだ間もないですから、これから先に登場するであろうオプションパーツやアクセサリに期待している人はとても多いでしょう。

特にはユーザーも多いですから、自分のヴィッツがどのように進化・変化していくのかを思い浮かべるのが楽しいという人は多いはずです。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.