ヴィッツ-トヨタの車.INFO

トヨタのヴィッツに関してその概要やモデルチェンジの推移、中古車市場や最新値引き動向などの情報を公開中。

ヴィッツ-トヨタの車.INFO

ヴィッツの概要

長らくトヨタのコンパクトカーの主役を務めてきたのが「ヴィッツ」です。

車に興味の無い人ですら名前くらいはご存知なのではないでしょうか。

テレビのコマーシャル等でも頻繁に流れていましたから、コンパクトカーだとは知らなくとも、「自動車」だとは多くの人がご存知でしょう。そんなヴィッツが世の中に登場したのは1999年のでした。

その前年にパリサロンで「ヤリス」として参考出展されており、多くの期待を集めていました。

その「ヤリス」が1999年1月に「ヴィッツ」として発売される事になりました。

今でこそ珍しくない「コンパクトカー」というジャンルも登場当初はまだまだ今ほど認知されているものではありませんでした。

当時はマツダのデミオや日産のマーチも世の中に登場していましたが、コンパクトカーというよりも、「安い車」といった認識程度のものでしかなかったでしょう。

とは言え安さに見合わぬほどの衝突安全性や燃費を含めた環境性能、ギリシャ人デザイナーのデザインなどのおかげで国内外を問わず、大ヒットを記録する事になります。

以降、「コンパクトカー」というジャンルが出来上がったといっても過言ではないのがヴィッツです。

そのため、ヴィッツは「日本のコンパクトカー市場を変えた一台」とまで言われているのです。

また、コンパクトカーではありながらディーゼルターボエンジンや大容量ラジエーターを搭載したモデルなど、汎用性の高さも魅力と言えるでしょう。事実、エンジンは1.0L、1.3L、1.5Lが用意されました。

更に当時としてはまだまだ先鋭的であったCVTを採用するなど、コンパクトカーとは思えないほど充実した装備やオプションなども用意されました。

おかげで1999-2000の「日本カーオブザイヤー」を獲得しただけではなく、欧州のカーオブザイヤーまでをも獲得。

その勢いから販売台数はカローラを上回るなど、トヨタとしても嬉しい悲鳴を上げる事になる一台となったのです。

用途などの点から考えるとスターレットの後継車種と言えるでしょうが、別ラインでの生産です。

以降二度のモデルチェンジが行われており、現行車種は2010年に登場した三代目モデルです。

空理機性能も素晴らしい数字を記録しているだけではなく、全幅は1695mmと5ナンバーサイズを保っているものの、エクステリアは大幅にか改良され、トヨタのスタンダード的なものとなっているほどです。

また、ヴィッツには「RS」というグレードも用意されていますので、改造する車としての人気もそれなりに高いものですが、基本的にはコンパクトカーとして、つまりはファミリーユースに利用されている一台です。

最近では「アクア」が登場した事もあり、ヴィッツの存在感が薄れつつあるという声もあるのですが、ハイブリッドではないガソリンのコンパクトカーとしてまだまだ人気は健在です。

だからこそプリウスが爆発的に売れ、ハイブリッドカーが身近な存在になっている中でモデルチェンジが行われたのでしょう。

売り上げランキングでも未だに上位に位置している事からも解る様に、高い人気を博しているのがヴィッツです。

ちなみに「ヴィッツ」というネーミングは英語で「鮮やか」を意味する「vivid」と、ドイツ語で「機知」を現す「Witz」を合わせた造語で、英語の綴りでは「Vitz」になります。

ですが、日本以外では先に少しふれたパリサロンで出展された際の「ヤリス」というネーミングで販売されていますが、初代モデルのみカナダ、オーストラリア、中国では「ECHO」という名前で販売されていました。

2代目以降は日本以外の国ではすべて「ヤリス」で販売されており、姉妹車でもある「ベルタ」もまた、「ヤリス」として販売されています。この両車の違いはハッチバックかセダンかになりますので、ヴィッツは「ヤリス・ハッチバック」、ベルタが「ヤリス・セダン」として販売されています。

なぜ日本ではヤリスとして販売されていないのかというと、「ヤリス」という言葉の響きがどこか下品なものを連想させるため、「ヴィッツ」という名前になったと言われています。

また、ヴィッツ登場のおかげで「コンパクトカー競争」が生まれたとも言われています。

それまでコンパクトカーは極端な話し、「小さいだけの車」でしかなかったのですが、ヴィッツのおかげで「楽しめる車」としての性格も付与されました。

その結果爆発的にコンパクトカーが普及し、他社もそれまでのコンパクトカーに様々な性格を付与する事になり、先に挙げたデミオやマーチが改良されたのはもちろん、ホンダのフィットなど、新時代のコンパクトカーまでをも登場する事になりました。

その点からも、ヴィッツが日本の自動車市場に与えた影響というのは計り知れないものがあるでしょう。

間違いなく「現代コンパクトカーの始祖」と言える一台、それが「ヴィッツ」という車なのです。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.