ヴィッツ-トヨタの車.INFO

トヨタのヴィッツに関してその概要やモデルチェンジの推移、中古車市場や最新値引き動向などの情報を公開中。

ヴィッツ-トヨタの車.INFO

ヴィッツのモデルチェンジの推移

1999年に登場したヴィッツ。

それまでは「コンパクトカー」ではなく、「小さい車」としか認識されていなかった小型車を「コンパクトカー」というジャンルに引き上げたといっても過言ではないほど、圧倒的な存在感を見せ付けたのがヴィッツです。

1999年に登場した際には1.0Lのみのラインナップでした。

その後の改良でエンジンも様々なタイプが登場。

さらにはインターネット限定ではありますが、ユーロスポーツエディションも発売。

安全性能の向上や、アイドリングストップ機能を搭載したモデルや、ギヤ比を変更しするなど、マイナーチェンジは度々行われていました。

そして2005年に初のモデルチェンジを行います。

2代目モデルからは北米でも発売される事になります。

プラットフォームも刷新し、おかげでボディサイズが一回り程度大きくなりました。

初代モデルは全幅が1660mm、全長が3610mmでしたが、モデルチェンジした際に、全幅は1695mmは全長は3750mmに。

月間販売台数は10000台と強気な設定がなされました。

また、エンブレムはネッツ店を意味する「N」をあしらったものになりましたので、トヨタファンからは様々な声が届いたようです。日本向けには5ドアハッチバックのみですが、国外仕様は3ドアのものも用意されています。

エンジンは1.0L、1.3L、1.5Lのものが用意されています。

また、一部のグレードではありますが、コンパクトカーでありながら「スマートエントリー&スタートシステム」が搭載されました。

今でこそ当たり前のシステムではありますが、当時はまだまだ革新的なもので、更にはその革新的なシステムがコンパクトカーに搭載されるという事で大きな話題を集めました。

グッドデザイン賞も受賞するなど、二代目ヴィッツもまた、先代同様高い評価を集めました。

更にマイナーチェンジや一部改良時には時代の先鋭的なサービスを搭載。例えばBluetoothハンズフリー対応オーディオや更にはG-BooK対応のHDDナビゲーションも搭載。

このような装備は一昔前のコンパクトカーでは考えられないものでしたが、ヴィッツの登場に触発された他の自動車メーカーの影響もあり、ヴィッツ自身も様々な装備を余儀なくされたのは皮肉かもしれませんが、他社のコンパクトカーに比べると装備の面では一歩抜きん出ていたのも事実です。

その点からも大きな影響を与えたと言えるのがヴィッツなのです。

そして2010年には二度目のモデルチェンジが行われ、3代目ヴィッツが登場する事になります。

全長は3885mmと若干長くなったものの、全幅は変わらず。

にも関わらず、空力気性能は素晴らしい数字を実現。低燃費と高速走行時の安定性を実現させるなど、もはや「コンパクトカー」の名前がもったいないほどのレベルの車となっています。

3代目モデルの大きな変更点はインテリアでしょうか。

先代モデルまでのセンターメーターを廃止し、オーソドックスなアナログメーターに変更。ハイブリッドではなく、「ガソリン車」という点を大いにアピールしております。

ガソリン車ではありますが燃費も素晴らしい数字となっており、さらには「平成22年度の燃費基準+15%」を達成。

1.5L車に関しては「平成22年度燃費基準+25%」を記録する事で、自動車取得税や自動車重量税の減税額が75%に引き上げられた事もヴィッツの人気を後押しする形となりました。

内装もグレードによってはメッキ加工を施したものも登場。

更には専用スポーツシートに7速スポーツシーケンシャルシフトマチック&パドルシフトを搭載したスポーツグレードの「RS」もラインナップされるなど、コンパクトカーとは思えないほど幅広いラインナップとなっています。

これは、コンパクトカー競争が熾烈なものになっているからでしょう。自動車業界は頭打ちが続いているものの、軽自動車やコンパクトカーは好調を記録。

更にはプリウスに代表される、驚くべき低燃費を記録するハイブリッドカーも好調な事もあり、自動車は「いかにお金をかけないか」が問われる時代となったのです。

その先駆的なモデルが「ヴィッツ」ですが、三代目ヴィッツに関してはそれなりにお金がかけられています。

他社との競争はもちろんですが、ハイブリッドカーとは違った魅力を訴求しなければならない理由もあったのでしょう。

3代目モデルの一部改良ではグレードを拡大したり色を3色も同時に追加するなど、他社のコンパクトカーには真似出来ない販売戦略を取れるのはトヨタの体力はもちろんですがヴィッツの人気も大きな理由です。

特に「チェリーバールクリスタルシャイン×トリュフ」といった内外装の組み合わせは個性的な部分が評価され、「オートカラーアウォード2012」でファッションカラー賞を受賞。

さらには企画部門賞も同時受賞するなど自動車業界での存在感はとても高いものとなっているのです。



Copyright (C) "NCP" All Rights Reserved.